この記事の所要時間: 1518

目次

おしゃれなローデスク組み立ては簡単?

せっかく買ったけど組み立てできるか心配。
そんな方の為に作成手順を画像付きで解説していきます。

まずは開梱して付属品を確認しましょう。

付属品を確認していきましょう。

プラスチックレール
(付属ネジ付)

引き出しストッパー (黒いプラスチック製素材)

カムロックネジ

カムロック受け×4

取手×2
(付属ネジ付き)

ネジ(大)×10

キャスターストッパー付×2
キャスターストッパー無し×2

ネジ(小)×16

木ダボ(大)×13

木ダボ(小)×12

接着剤×2

ネジ隠しシール×10

インナーレール×2
アウターレール×2

本体用板部品

チェスト用板部品

部品に傷・ヨゴレがある、部品が不足・不備がある

その時は購入店舗にすぐに連絡しましょう。

デスクを組み立てましょう。

1:④・⑤左右側板に木ダボ(大)を接着剤で取り付けます

説明書には図には②後板も絵が記載されています。
文字では書いていないのですが
②後板にも接着剤を入れます。

④と⑤左右側板

 

 

木ダボを挿入する位置に穴が開いているので
接着剤を流し込みます。

 

 

接着剤を木ダボ取付穴に 注入します。

 

接着剤はノズルがないので入れにくいかもしれないですが
コツをつかんでください。
文字記載は無いですか図に描かれている②にも接着剤を注入します。
全部で7か所あります。

 

 

程よく注入

木ダボ取付完了

左の画像のようになります。
注入用の先っぽがないので
コツをつかめないうちは下の図のように
木ダボを入れると接着剤が溢れます。

 

 

 

接着剤入れすぎ

 

入れすぎるとこうなります。
慌てずにティッシュではみ出た接着剤をふき取りましょう。

 

 

 

 

木ダボを ④・⑤に 取付完了

 

木ダボ取り付け完了。
②後板の写真を撮り忘れました。
ごめんなさい。

 

 

 

 

気を取り直して、次に行きましょう。

2:④・⑤左右側板にインナーレールを取り付けましょう。

 

インナーレール×2
アウターレール×2

 

④・⑤左右側板にインナーレールを取り付けます。
キーボードスライダーの部品ですね。

画像左がアウターレール
画像右がインナーレール

 

 


④・⑤左右側板にインナーレールを
取り付けますが、木ダボが出ている辺が
上部に来るように置いてから取り付けると
わかりやすいです。

 

インナーレール取付部には穴が開いているので
まずは側板にインナーレールを置いて
説明書と照らし合わせて位置に間違いないか確認しましょう。

インナーレールには複数穴があるので
適当に付けてしまうことも可能なので
しっかり確認してください。

取付が終わったら次の工程に進みましょう。

3:②後板に④・⑤左右側板をネジ(大)で取り付けましょう。

②後板と
④・⑤左右側板

 

私は一人で組み立てましたが
ここからは2人で組み立てたほうが
いいかもしれません。

 

 

 

②・④・⑤取付完了

 

デスクっぽくなってきました。
あと少し頑張りましょう。

 

 

4:③スライド板を裏返し、アウターレールと取り付けましょう。

③スライド板
アウターレール取付後

 

 

スライド板の側には
アウターレール取付用のネジ穴があります。
小さいので見落として反対面につけないように気を付けましょう。

 

 

スライド板で使う
小ネジ

アウターレールは
このネジ左右2本ずつを使用して取り付けます。

 

 

 

5:3で組み立てた本体に①天板を接着剤で取り付けましょう。

天板裏面

 

 

天板の裏面にある木ダボ接続穴に
接着剤を注入します。

 

 

 

天板に接着剤を注入

入れすぎに注意しましょう。

 

 

 

 

 

天板を床に置いたまま本体を逆さまにして取り付けましょう。
本体に天板を取り付けに行くとボンドが垂れる可能性があります。

6:5で組み立てた本体にスライド版を取り付けましょう。

デスク完成

 

 

ネジ隠しシールを忘れずに
張っておきましょう。

 

 

 

ネジ隠しシール×10

 

 

本体と同色のシールが入っています。

 

 

 

チェストを組み立てましょう。

7:⑦・⑧左右側板に木ダボ(大)を接着剤で取り付けましょう。

⑦・⑧各3ヵ所
計6ヵ所に木ダボを取り付けます。

 

 

8:⑦・⑧左右側板にプラスチックレールを取り付けましょう。

説明書をよく見て
向き・位置を合わせましょう。

取付向き・位置をよく見ましょう。

 

 

 

 

 

ねじ止め前に
プラスチックレールの
突起を側板に挿入。

 

プラスチックレールに突起があります。
側板に受け穴があるので差し込みます。

 

 

 

 

プラスチックレール取付完了

プラスチックレールを
ネジ止めして完了です。

 

 

 

 

9:引き出し(2組)を組み立てましょう。

 

 

 

 

木ダボを差し込み

 

脇に丸い穴が開いているほうは
カムロックで取り付けになるので
木ダボは入れません。

 

 

 

引き出し前板に
カムロックネジを取付

カムロックネジは挿入制限があるので
電動ドライバー使う際は入れすぎ注意です。

 

 

 

 

カムロックネジは
このくらいまで挿入

 

入れすぎると
カムロック受けが引っかからないです。

 

 

 

引き出し側板に差し込んだ時に
カムロックが引っかかるくらい出ていないと
ロックされません。

 

 

カムロック受けを廻す前にカムロックネジの出具合を確認しましょう。
私は電動ドライバーで作業して入れすぎてしまいカムロック受けが
うまくはまりませんでした。

 

 

 

 

 

左右側板取付後

 

 

 

 

 

 

引出し底板を溝に差し込み引き出し後板を取り付けます。

引出し前板に取手を取り付けます。

※説明書の手順では引出し前板を最後に取り付けて
カムロック受けを閉めるみたいです。

間違った手順でしたが問題なく組み立てできました。

10:チェスト本体の天板を裏返し、⑦・⑧左右側板を接着剤で取り付けます。

11:背板を差し込み、底板をネジ(大)で取り付けます。

12:11で組み立てた本体にキャスターをネジ(小)で取り付けます。

13:本体を静かに起こし、側板のレールに沿って、引出しを取り付けます。

引出しを取り付けたら

引き出しストッパー取付

 

 

引き出しストッパーを取り付けましょう。

 

 

 

ネジ隠しシール

 

ネジ隠しシールを貼り忘れないようにしましょう。
これで統一感が出ていい感じですね。

 

 

 

 

ごめんなさい。
途中、作成に没頭しすぎて
10から13の写真撮り忘れました。
チェスト完成です。

 

 

完成品を部屋に設置してみます。

パソコンなしの設置画像

パソコンありの設置画像

組み立て後の感想

今まで組み立て家具を作った数は片手で数えられるほどの私が組み立てた感想は

「簡単だけど大変」

写真を撮りながら(途中撮り忘れがありましたが)組み立てて

掛かった時間は約3時間。
カムロックネジを入れすぎたり、接着剤を入れすぎたり
慣れない作業で説明書見比べ、部品の向きを確認したりと
時間は刻々と過ぎていきました。

時間かかっているなぁと思いながら
不思議なもので徐々に形になってくるのが楽しくて
夢中で組み立てていました。
※結果、途中で写真を撮り忘れました。

慣れない作業は大変かもしれませんが
最近はDIY好きの女性の方も多いそうなので
女性の方も一人で組み立ててみると楽しいと思います。

デスクトップパソコンのかたは
キーボードがスッキリ収納できて広く使えますし

ノートパソコンのかたは
キーボードスライダー部に書類を置いて
見ながら入力なんて使い方もでき

なによりも、数少ないおしゃれなローデスクですので
この価格でデスクと同じ高さのチェストもついてきて
とてもお得ですね。

Amazon 楽天市場

パソコンデスク ロータイプ ミニチェスト付き 木製 キーボードスライダー チェスト デスク 机 コンパクト オーク

パソコンデスク ロータイプ 木製 ワイド ローデスク デスク 勉強机 机 PCデスク パソコン机 キャスター チェスト 白 幅75 省スペース コンパクト 収納 セット ナチュラル ホワイト オーク ウォールナット 引き出し 奥行45 おしゃれ 北欧

感想(1452件)