この記事の所要時間: 159

GoogleChromeでそのサイトの安全性を目視する

2018年2月にGoogleが表明していたとおり、7月にリリースされるGoogleChromeバージョン68から
まだHTTPが使用されているサイトに灰色のアイコンに加えて「保護されていない通信」と警告文字が表示される。

HTTPSが使用されているサイトに関しては緑色の🔒マークと「保護された通信」と表示される。
正し、9月リリース予定のバージョン69からは🔒マークは灰色表示になり「保護された通信」の表示が表示されなくなる。
つまり、HTTPS「保護された通信」が標準でHTTP「保護されていない通信」となる

サイトを管理者にとってはアクセス数減につながる可能性があるので
なるべく早くサイトのHTTPS化、SSLの導入を進めたいところだ。

そしてサイト閲覧者の我々はインターネットのサイトにアクセスした際に左上の表示で
アクセスしたサイトが安全かどうかを見極めるクセをつけることが必須になります。

HTTP保護されていない通信

HTTPS保護された通信

上記の画像のようにアドレスバーにサイトの安全性が表示される

保護されていな通信のサイトで情報を送信したりすると

例えば
サイト運営者への問い合わせやアンケートなどで、自分の個人情報を入力して送信すると
何者かの情報を見られる可能性があるということ。

電話に置き換えると盗聴されてしまうようなものです。

インターネットで簡単に情報を得ることができ、簡単にこちらの情報が伝えられるのはとても便利ですが
裏返せば、簡単に情報を盗まれてしまうこともあるということです。

これからは使用者である我々自身でも何が安全で何が危険か見極める必要あるのです。

難しく考えてしまうかもしれないですが、
赤信号は止まる、青信号であれば注意して進む。
普段の生活でしているようなことをネットに当てはめてあげれば

HTTP保護されていない通信」では情報送信はしない、もしくは閲覧しない

HTTPS保護された通信」でも細心の注意を払って情報を送信する

ただそれだけのことです。

知っていればなにも恐れることはありませんね。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。